仮想通貨のひとつであるmonaコイン、これは今まで仮想通貨=ビットコインと呼ばれていたが、徐々にアルトコインが出てきて、イーサリアム、イーサリアムクラシック、リップル、ライトコインなどが出てきた。今回は前に紹介したかもしれないが、さらに深くmonaコインを紹介してみたいと思う。

monaコインとはそもそも何なのか?

モナコインは2014年1月1日にローンチされ、日本で初の仮想通貨です。モナコインは大型掲示板2ちゃんねるのソフトウェア板から誕生しています。


日本でのあらゆるサービスでの実用化もされており、大規模な同人即売会のコミケでも使用可能になりつつあります。(現在一部サークルで使用可能)

モナコインとは

簡単にいえば日本で初の仮想通貨になったみたいである。それはほんとにすごいことなのだが、なぜそんなすごい仮想通貨が人気がまだそんなにないのか?と言いたいのだが、2018年夏にも始まった今日のコミケでもこの仮想通貨はつかわれているようである。

モナコインはどのようなところで使われているのか?

  • コミケ(コミックマーケット)
  • monahappy
  • 実店舗(秋葉原など)
  • etc

まだ秋葉原などいわゆるオタク要素の強いところにこのmonaコインは力を入れているようだが、コミックマーケットはヤフーワードでも常に始まったら上位に入り、そしてオタク文化はまだまだ伸びしろの要素があると個人的に思っている。最近では有名な漫画である銀魂、bleachなどの実写化、特に銀魂に関しては実写化1位になっているほどの人気ぶりだ!これはいわゆる昔のオタクの概念が変わってきたのかもしれない。

最近のmonaコインの値段

一言でいったら上がった後にかなりもどったかんじである。だが、ここが底なのかもしれない

大体マックス2000円から底の値段が平均200円・・・・・・なんと10分の1になっている!!!!!だが、そこからまた同じように2000円になったらそれこそ100万円なら1000万円。1000万円なら1億に簡単になっていく計算になる。

まあ・・・・・・・・・・・・・・・・・・あくまでこれは楽観的な観点からのことである。なので期待はしないのもひとつである。あくまで投資は自己責任。簡単に儲かるとは思わない。特に昔で言ったらジェシーリバモアなどの本を読んでいるとどれほど投資が怖いものかよくわかり、また魅力的なものであるともわかる。

monaコインの取引所は

  • zaif



  • bitbank



  • bitflyer

個人的なmonaコインの感想

最後にmonaコインの個人的な感想を言っていくと・・・・・・・・・・・・・すこしわからない点がまだあるが日本で初めて作られた仮想通貨だけに、そして今日コミックマーケットがあるだけに有名な仮想通貨になってほしいと感じている。そしていつかコミックマーケットではmonaコインですべて購入することになればそれこそ爆発的に値段は上がるだろう。