[高騰の兆しか]Zcashが人気になる|第二のビットコインになるか。匿名性が高い

クリックすると新しいウィンドウで開きます

仮想通貨の中には匿名性に特化した通貨があります。

代表的なものに日本国内でも売買することができたモネロやダッシュ、ジーキャッシュがありました。

特にジーキャッシュは匿名に特化した仮想通貨の中でもトップクラスの匿名性を誇っています。

昨年、世界的に有名な銀行である、JPモルガンがZcashの技術である「ゼロ知識証明」することを発表し、高騰しました。

【仮想通貨】匿名性が非常に高いZcash(ジーキャッシュ)のメリットとデメリット

zcashとは

簡単に言っていけば匿名性がほかの通貨よりもかなり高い。それはゼロ知識証明という理論を使っているから見たいである。

cashの匿名送金は、暗号学のゼロ知識証明という理論をもとにした、Zk-SNARKプロトコルによってなされています。
簡単に言うと「内容を伝えないである事実が真実であるということを知識がゼロでも証明できる」という手法です。

誰が誰にいくら送ったかを第三者に明かさなくても、送金トランザクションの正当性が証明できることがZcashとビットコインとの大きな違いです。
Zcashはゼロ知識証明を採用し、取引する仮想通貨の量を非公開の状態で決済することが可能。
取引の追跡を不可能にしています。

Zcashの情報

zcashはこれからさらに上昇する傾向が高そうなのだが、ここで問題なのはこの通貨がどこで取引できるのかである。今の所、取引できるところは日本ではコインチェックだけみたいである。

  1. Coincheck
  2. Bitfinex
  3. Bithumb
  4. Binance
  5. Bittrex
  6. Bit-Z
  7. HitBTC
  8. Huobi
  9. Kraken
  10. OKEx
  11. Poloniex