[最新版]仮想通貨取引方法まとめ

そもそも仮想通貨とは

仮想通貨

インターネット上の理論をもとに2009年以降、価値を持った電子データとしてネット送金や決済に使われている。「取引所」と呼ばれる会社に口座を開いて使うのが一般的で、法定通貨の円やドルと交換できる。中央銀行のような公的な管理者はない。送金や決済に関わる複数のコンピューターでデータを管理する「ブロックチェーン」という仕組みで偽造を防ぐ。代表的な「ビットコイン」は昨年20倍も値上がりし、年末に1コイン=220万円超をつけた。世界で1千種類以上あるとされ、全体の時価総額は約59兆円に達する。
コトバンク参照
簡単に言えばインターネットで取引される電子媒体のものであり、電子データ自身に価値があると思えばいいのだろう。そしてその電子データがドルや円にかえれるみたいである。そしてよく言われるブロックチェーンとはその新しいシステムといえばいいのだろう。ビットコインもよく呼ばれているが、ビットコインとは仮想通貨の代表例=有名なものらしい。
ソース画像を表示

仮想通貨はどのように取引できるのか?

仮想通貨の取引方法は大きく分けて5つあるようである。

  1. 現物取引
  2. 仮想通貨FX
  3. 信用取引
  4. 先物取引

順番に見ていこうと思います。

現物取引

これは現物=リアルの本物のお金を仮想通貨に換えることである。一番初心者にとっては良い方法だろう。

 

仮想通貨FX

これはFX取引をしている人ならば知っているのかもしれないが、最近では仮想通貨FXも出ているようである。FXはもともとドルと円を交換したその差益で利益をしたりするものである。だが、ハイリスクハイリターンとよく言われている。その理由をこれから紹介していく。簡単にいえばレバレッジを使うためである。レバレッジはてこの原理のように少ないお金で大きな取引ができる。現在の普通のFXならば25倍まで取引ができる。仮想通貨でもできるみたいだが、下手をしたら借金や追証のリスクが出るのでかなり上級者向けの物である。

信用取引

業者からお金を借りてする方法である。

 

先物取引

これも大体FXと同じだろう。違いは先物は期限があることである。

結果的に仮想通貨の一番良い取引は何なのか?

ソース画像を表示

個人的にダントツで良いのは現物取引なのだろう!仮想通貨は確かにおくりびとになれる可能性が高いのかもしれない。だが、まだまだ謎の部分とリスクが高すぎる!なので現物取引一択で良いと思う。もしもほかにあるならFXだろう。

 

 仮想通貨の取引所の場所

GMOコイン

QUIONEX