[ビットコインと比較して]ライトコインとは|Litecoinの取引所、方法、将来性など

ソース画像を表示

従来のビットコインから派生し、その欠点を解消した。”採掘”に必要な機材を省き、送金もより早くした。ビットコインと並び利用者の多い暗号通貨である

ウィキペディア参照

ビットコインの送受信は”マイニング”によってブロックが生成されて取引が承認していく仕組みだが、ブロックの生成間隔が10分と比較的長いことがネックになることが予想されていた。

また、総発行枚数上限も2100万枚と少なめなことで、小数点8桁まで分割でき、見にくいという欠点がある。

そこでライトコインは、ブロックの生成間隔を平均2.5分にして承認時間を早める仕様で制作した。これならビットコインの4分の1の時間で決済が承認される。総発行枚数の上限も、ビットコインの4倍の8400万枚とした

ライトコインがなぜ「シルバー(銀)」を目指したか

ライトコインはどうやら元google社員が作ったようだが、1位を取るわけではなく2位を取る感じの通貨のようである。

ライトコインの概要

基本情報 仮想通貨名 ライトコイン(Litecoin)
ティッカーシンボル LTC
発行開始年月 2011年10月
主な利用用途 送金 / 決済 / 投資
法的性格(※1) 第1号
単位 単位 1LTC = 1,000mLTC    m:ミリ
1mLTC=1,000μLTC    μ:ミクロン
1μLTC=1bits      bits:ビッツ
1bits=100satoshi
最小取引単位 1satoshi(=0.00000001LTC)
発行状況 発行主体 プログラムによる自動発行
発行方法 分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行
上限発行量 84,000,000LTC
発行可能数の変更 可(発行プログラムの変更)
変更の条件
発行予定・発行条件 マイナーは1ブロック発掘ごとに25LTCを獲得、約4年毎(840,000ブロック)に半減。
価値移転記録 ブロックチェーン形式 パブリックブロックチェーン
価値記録の公開状況 公開
暗号化方式 Scryptアルゴリズムを用いたプルーフオブワーク
秘匿化の方法 公開鍵と秘密鍵による暗号化
コンセンサスアルゴリズム Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)
価値移転ネットワークの信頼性 ブロックチェーン技術によって移転記録が認証される仕組みを用い多数の記録者の参加を得ることで、データ改ざんの動機を排除し信頼性を確保する。
価値移転の記録者 記録者の主な属性
記録の修正方法
記録者の信用力に関する説明
通貨の信用力 ・多数の記録者による多数決をもって移転記録が認証される仕組み
・ブロックチェーンによる保有・移転管理台帳による記録管理と重層化した暗号化技術による記録の保全能力
・保有・移転管理台帳の公開
・暗号化技術による保有者個人情報の秘匿性
付加価値 付加価値(サービス)の内容
過去3年間の付加価値(サービス)の状況
投資のリスク 価値移転ネットワークの脆弱性 多数の記録者が結託し、既存の記録者が有する処理能力よりも高い能力で記録台帳を改ざんすることで、発行プログラムを改変することができる。
保有情報暗号化技術の脆弱性 第三者に秘密鍵を知られた場合には、利用者になりすまして送付指示を行うことができる。
発行者の破たんによる価値喪失の可能性 なし
価値移転記録者の破たんによる価値喪失
移転の記録が遅延する可能性 分岐したブロックの一方が否決された場合、否決されたブロックに収録された取引は再び認証を得なければ次の送金が行えなくなる。記録者の目に留まらず未承認データのまま放置される恐れあり。
プログラムの不具合によるリスクなど 現時点ではプログラムが適正に機能し、所有データの改ざんやダブルスペントなどに陥ることを排除しているが、未検出のプログラムの脆弱性やプログラム更新などで生じた脆弱性を利用しデータが改ざんされ、価値移転の記録が異常な状態に陥る可能性がある。
過去発生したプログラムの不具合の発生状況 2016年Cryptsy交換所におけるハッキングを受け300,000LTC(時価1億円相当)が盗難。すべてのライトコインがホットウォレットで管理されていたとされる。
ハードフォークの状況
稼働に影響を与えたサイバー攻撃の履歴

※1:資金決済法第2条第5項に基づく第1号/第2号

ライトコインの様々な詳細情報を見てみても、見た感じはやはり・・・・・・・・・・・よくわからない。ブロックチェーンを使っているのはわかるが、他の所はよくわからない。

 

実際にライトコインで取引している人の感想

ライトコインマイナーですが、出金するにはネズミ講的な条件がある事が判明しました。始めた人は次の人に課金してもらわなければならないの繰り返しになります。出先なので簡易的にですが注意喚起させていただきます。

xemjinjyaネム神社 @NEM shrine

返信リツイート88:25

今、まさに正念場でしょうか。仮想通貨相場は万事休すといった様相です。ビットコインも真っ逆さまを継続中で、ライトコインやリスクやモナーコインも全般的にやられています。私は仮想通貨で分散投資していますが、為替のようにトレードオフの関係にはならないので、仮想通貨の場合は全面安というシーンがしょっちゅうあります。ただ、いつかくるであろう仮想通貨の全面高を夢見ています。 また、短期トレードでは…

そろそろ草コインの時代が終わるんではないかと思ったりするw 主要通貨より優秀だとしても、先に有名になるって結構重要なんだよな。 似た通貨でも実際、ビットコインよりライトコインの方が優秀やのに、足元にも及んでないし(>_<)

sulaviasuraすらりん(仮想通貨ブログ)

返信リツイート

ライトコインの取引所一覧



GMOコイン