[アンビリバボー]日本理化学工業の障害者雇用が感動|知的障碍者、チョークを作っている

日本理化学工業の採用が素晴らしいといわれているが、アンビリバボーで紹介されてから一気にその知名度が上がった。

日本理化学工業とは

日本理化学工業株式会社(にほんりかがくこうぎょう)は、チョークをはじめとする文房具・事務用品の製造販売を行う企業。知的障害者の雇用に力を入れていることでも知られる

ウィキペディア参照

クリックすると新しいウィンドウで開きます

この企業は社員の約7割が知的障害者

チョークの日本シェアの約30%を占める日本理化学工業という会社がある。その会社の従業員の約70%は知的障害者

日本理化学工業の感想

今日のアンビリバボーは、日本理化学工業の障害者雇用の話。 とある住職が語った、人間の究極の幸せは、 ・人に愛されること ・人に褒められること ・人の役に立つこと ・人に必要とされること だそうです。 物凄く考えさせられるものがある。 今日で少し人生観変わるかもしれん。。

日本理化学工業の話とても良かったが、給料を気にしてしまう辺り心汚れてんなって思う

日本理化学工業株式会社のテレビを見て、自分を考えさせられた。 こういう感覚を持ち続けられる人になりたい。

すごい反響だったんだろうなぁ、今回の #アンビリバボー#日本理化学工業 さんのサイト、やっと見る事ができた。公私共に障がい者福祉に関わっているので、共感する事、考えさせられた事がたくさんあった。本当に素敵な会社です✨ rikagaku.co.jp/handicapped/pic.twitter.com/9kHWg1cqyx

日本理化学工業はなぜ知的障害者を雇うのか 幸せを提供できるのは福祉施設ではなく企業 toyokeizai.net/articles/-/859…

今日のアンビリーバボーは凄く素晴らしく考えさせられた いやいや仕事するのではなく、やっぱ誰かの役に立ちたい。 日本理化学工業はなぜ知的障害者を雇うのか 幸せを提供できるのは福祉施設ではなく企業 | Womantype – 東洋経済オンライン toyokeizai.net/articles/-/859…@Toyokeizaiさんから

#日本理化学工業 様は従業員の方の長所を伸ばすことで 幸せに働ける環境を築いたことです。 また、従業員の方ができるまで見守るところにも感動しました。 仕事は苦手なことを攻撃されるだけでは能力は伸びないです。 得意なことを伸ばして活かせる環境を作ると自然に業績も伸びると 感じました。

areastationsにしかわ@エリアステーション奈良

返信リツイート

感想を見ていても今のご時世、ブラック企業が出ている中人を大切にしたいという会社があるのは非常に良いことである。お客様は神様でとよく言われているが、最近は神様以上にお客様をたたえている感じがする。もっともっと従業員を大切にしても良いと思う。