[ビットコイン]Ledger Nano S (レジャー ナノS)暗号通貨とは



Ledgerとは

 

Ledgerは、仏Ledger社によるUSBトークン型ビットコインウォレットです。Ledgerシリーズは、その安全性を妥協することなしに、他社製品に比較して軽量且つ安価であることが特徴です。デバイスをPCのUSB端子に接続するだけでWebブラウザからウォレットを利用でき、デバイス内に安全に保存された秘密鍵がその外に一切出ることがありません。PCで入力される情報がウイルスやマルウェア、キーロガーで読み取られたとしても、物理的にデバイスと承認作業とが揃わない限り送金することが不可能であるため、Ledgerを使うとビットコインを安全に保管・使用することが可能です。 2016年の春以降、日本でもビットコインの知名度が上がり、昨今の価格高騰も伴い個人が高額のビットコインを保有することも珍しくなくなりました。今までは、ビットコインの管理は一般的なユーザーには複雑でしたが、Ledgerを使うと、PCとスマートフォンから簡単にビットコインを保管・使用できるようになります。

ビットコインが話題になっているが、様々なビットコインの中でもLedger Nano Sはそれなりに使い勝手が良い感じがする。

Ledger Nano Sは、ビットコイン(Bitocoin)、ライトコイン(Litecoin)、イーサリウム(Ethereum)、
イーサリウムクラシック(Ethereum Classic)、リップル(Ripple)を始め、
数多くの暗号通貨に対応している仏Ledger社によるUSBトークン型ハードウェアウォレットです。

堅牢なセキュリティで暗号通貨資産、デジタルペイメントを守ります。
Chromeアプリケーションが動作する全てのコンピューターにUSB接続可能です。
有機ELディスプレイと物理ボタンの組み合わせで内部の暗号通貨資産、
暗号通貨取引のセキュリティを確実に守ります。
株式会社Earthshipは仏Ledger社と正規代理店契約を結んでいます。

Ledger Nano S感想まとめ

 

Ledger Nano Sの1.4.2 update完了。 今回もubuntuいれたnote pcで問題なかった。 ハードウェアウォレット用にしか使ってないので普段使いのPCでやるよりはセキュアだと思いたい。

loss_cut_soncho 損切り村の村長

返信 リツイート 12:18

 

LedgerNanoSの対応通貨はBTCをはじめ、BCH、ETH、ETC、DOGE、DASH、ZEC、LTC、KMD、STRATIS、BTG、XLM、NEO等 仮想通貨資産の安全のためにもハードウォレットは持っておきましょう。

kamisapuriカミさぷリ@CRYPTO

返信 リツイート 12:16